シ−ン・ボイスはままつ

趣旨
   封切映画を障がい者と共にポップコ−ンの匂いを嗅ぎながら映画の臨場感を
味わいましょう。

視覚障害者と共に映画を楽しもう
  視力・身体に障害の有る人・無い人・朗読も勉強も好きな人・パソコンの出来る人
  特別講師にNHK元アナウンサ−・等 視覚障がい者と共に会員20名集まりました。
  平成16年12月韓国映画「おばあちゃんの家」県・市のユニバ−サルフェスタ上映会
  平成17年 2月 「たそがれ清兵衛」
         3月 「寅さん」1作目・
     18年12月 「三町目の夕日」
     19年 3月 「かかしの旅」  
 
 映画選び→台本制作→読み合わせ→MD録音→画面音声パソコン入力
  →音声CD作成→視覚障害者のみにて上映会
  将来は外国映画も検討中

県発行の資料写真 静岡県発行の資料
ユニバーサルデザイン映画として取り上げられる

視覚障害のある皆様にも楽しんでもらえるよう、副音声をFMラジオで聞くことが出来るよう配慮された映画の上映会です。

副音声とは、映画やビデオなどの映像メディアの中で、セリフや音声のない、情景や状況部分の説明ナレーションで、新しい情報支援活動といsて全国各地で取り組みがはじまぅています。

拡大図


 けいじめに合う少年が自立するまでの姿を描いた作品93分の「かかしの旅」  
         

スクリーン字幕読み上げ

2007年4月から7月・・・字幕を研究されている静大工学部情報科の祓川先生の指導協力を頂き音声ガイド録音を20時間以上繰り返し完成させました。

左の写真は録音中です。


前方画面に映像とガイドセリフが流れています。


「寅さん」第1作目上映会                                     
大勢の視覚障害の方々に楽しんで頂きました。        
3月浜松市内某所館内